ミーティングの話

いろいろな形式が有る。
会社や組織の都合によって様々だろう。

しかし、同じにしなければいけない事がある。

それは定期的に行う事

会社や組織は生き物である。

同じ循環の中に有る人と人との集まり。

血液が流れるように組織の動きも定期的に循環しなければならない。

月に1度

10日に1度

週に1度

1日に1度

セイカノートは棚卸しを毎週していた。

これは毎週決算をしていた事と同じ。

それでも上手く行かなかった。

責任者が変わると後輩の責任者を他部署の年輩の責任者が取り合わなくなる。

そうなった時の為には取り繕う人間が要る。

それが最高責任者だ。

濱田純一には人の心が無かった。

組織の運営には底辺を支える者を大切にしている姿を他の社員に見せる事が必要だ。

可視化

背中で語る

社員のほとんどが社長に教えを乞わない。

まるで自分が社長のように周りに対して振る舞い

いざと言う時に社長を盾にしようとする。

盾にされる前に一拍置いて

自分で考えさせるのが

裁量ある普段の行いである。

誰とでも気軽に付き合う姿勢

誰とでも真摯に向き合う姿勢

日頃から見せる事で組織がスムーズに展開する。
DSC_1186.JPG

この記事へのコメント