企画営業のプロフェッショナル

一概に企画と言っても色々有る。
一概に営業と言っても色々有る。

企画営業とは何ぞや?

販売企画なのか?
販売企画とは一つの商品を販売する企画をたてる仕事
店頭での並べ方から販促方法、客寄せの仕方、宣伝広告と多岐に渡って精通していなければならない。

商品企画なのか?
商品企画とは一つの商品を制作する企画をたてる仕事
売れ筋を調べてモノマネから始めたり、全く新しい発想で開発したり、社員と意見交換を重ねて自社に合った商品を造る企画をたてる。色々な商品に精通していなければならない。

企画開発なのか?
企画開発とはゼロから企画を開発する仕事
会社に今まで無かったモノを造る。
「作る」ではない「創る」もしくは「造る」つまり創造の賜物を産出するのだ。
それも自社の領域の中で創造する。
ノートを主とする紙製品メーカーが筆記具を開発するのは創造ではない。ただ、品目を増やしただけである。
表紙の柄を今まで無地だったものに絵心を加えたりキャラクターを採用したりするのが創造である。
中身の罫線を今まで無かったモノにする。すると営業は得意気に最新のモノと紹介するだろう。
「他社にも似たようなものがあるよ。」と言われた時に「いいえ、当社のモノは違います。」と胸を張って言えるのが創造物、企画開発の努力の結晶なのである。
創造物を造り出すためには顧客の要望に精通していなければならない。

はたして企画営業とは
企画をしながら営業をする事で有り
営業をしながら企画をする事で有る。

ながら営業なんて言葉があった。

営業先の店頭を見ながら売れ筋のマネをする為にサンプルを買いあさる。

こうしてメーカーは切磋琢磨してきた。

今も昔も変わらない。

少しずつ進化すれば100年後には飛躍的な進歩として受け入れられ、その功績が讃えられるであろう( ´∀`)
DSC_0955.JPG

この記事へのコメント