株式会社HS

有限会社濵田末七商店は
株式会社HSに変わり

変革の時を迎えた。

この界隈の会社も

玉越呉一商店は「TG」

と言う具合に創業者の

頭文字から取ったものが多い。

国の政策により

株式会社は

その社名を取り扱う製品に

関連したものにするように

指導があった。

蔵前近郊の紙製品メーカーは

メイジョウノート

ツバメノート

スタートノート

そして、セイカノートと

社名を変えるに至った。

元々の社名にノートを付けたもの

屋号の家紋をもじったもの

新しいスタートにあわせたもの

そこにはトップの理想があった。

セイカノートは創業の基礎を作った海軍との繋がりから

「精進して華と成す」という

考えを継承しつつ

その裏に

「成果の音」を響かせようと言う

コンセプトが隠されていた。

「HS」ハマスエの時代は


かくも短く幕を閉じた。

この記事へのコメント