娘と初めて会ったのは手術室から出てくるベットの上 手が突っ込める穴が四方に空いたアクリルカバーの中で元気に泣きながら被せてあったピンク色のタオルを足でどかしていた。 正子お義母さんと一緒にエレベーターに乗り娘はベットごと処置室へ 「うわっ!大きい!」「4200グラム!大きいですぅ~」処置室から看護婦さん達の声が聞こえる。 「二郎…

続きを読むread more

マスク越しの恋

突然、彼に唇を奪われた。 渋谷のスクランブル交差点 雑踏の中 周りの人達は気付かない振りをしてくれているのかな? マスク越しに温もりが伝わってきた。 心臓がドキドキして何も言えなかった。「何でこんなところで?あれ?」身体中の力が抜けて動けなくなった。 俺は急に何者かに背中を押されたような気がした。でも、それは他人のせいにしよ…

続きを読むread more