読書感想文

父親は本を読むのが好きだった。 68歳で退職して72歳で他界するまで リビングのフワフワのソファーで一日中本を読んでいた。 家の中で立ち上がるのは食事とトイレだけ 出掛けるのは晩酌用の酒と浅草でしか売ってない洋もくを買いに行く時だけだった。 僕はそんな父親とは逆で本は好んで読むような事はない。 テレビや新聞で紹介記事を見たり…

続きを読むread more