読書感想文

父親は本を読むのが好きだった。 68歳で退職して72歳で他界するまで リビングのフワフワのソファーで一日中本を読んでいた。 家の中で立ち上がるのは食事とトイレだけ 出掛けるのは晩酌用の酒と浅草でしか売ってない洋もくを買いに行く時だけだった。 僕はそんな父親とは逆で本は好んで読むような事はない。 テレビや新聞で紹介記事を見たり…

続きを読むread more

もた もたお

もた もたおは幸運の極み 親は毎月800万の収入が有る大地主 大学に行く必要も無く ブラブラしていた。 20才の頃、運動具メーカーの友達から営業部長に誘われて順調に業績を伸ばす。 それが吉だったのか、凶だったのか解らないが 会社は外資系に乗っ取られて哀れもたおは働き盛りの四十半ばにしてリストラの対象となり退社 売上の責任は…

続きを読むread more

一問一答

文具新聞「濵田さんは何でサンスター文具が御自宅のそばに引っ越して来たのに訪問しないのですか?」濵田「それはこちらから行く事でしょうか?普通は引っ越して来た方が挨拶に来るのが常識ですよね。知ってて知らぬふりをしているようじゃ良い事は有りません。しかしながら、悔しいから手紙は書きました。常識を考えて経営しないと周りから社員がそっぽを向かれま…

続きを読むread more